2011年01月10日

逆流性食道炎、慢性・急性胃炎、十二指腸潰瘍〜自宅で克服法〜

逆流性食道炎、慢性・急性胃炎、十二指腸潰瘍で悩んでる方にお薦めの改善法を紹介します。

〜逆流性食道炎とは〜
逆流性食道炎・・・胃液が逆流しないように閉まっているはずの噴門が、何らかの原因で開いてしまって、胃液が食道に逆流してしまうために起こる食道の炎症です。

逆流性食道炎が食道ガンへと悪化してしまうケースもあります
逆流性食道炎は早めに治療することをお薦めいたします。
薬を使わずに短期で克服できる逆流性食道炎克服プログラムをお薦めします。

▼逆流性食道炎克服プログラムの詳細▼



〜逆流性食道炎の症状〜
 ・胸焼け
 ・口の中に酸っぱい物が上がってくる
 ・仰向けに寝ている時や前かがみの時、喉や口に胃酸が逆流する
 ・喉の痛み、違和感、不快感
 ・肋間神経痛のような胸痛
 ・耳痛、耳の違和感がある
 ・甘いものが食べられない
 ・空腹時や食後に吐き気
 ・みぞおち辺りが締め付けられている感覚

多くはげっぷを伴い、食道が狭くなり食物が通りにくくなります。
重度になると、出血を伴い貧血を引き起こす場合もあります。
食べすぎた後やかがんだ時、又は就寝後や起床時に不快感が強い人が多いのが特徴です。
胃液は起きている時よりも、横になっている姿勢のほうが逆流しやすい。
そのため、就寝中に炎症、朝起きた時に胸焼けを感じます。
慢性化しているおそれもありますので根本から改善できる逆流性食道炎克服プログラムをお薦めします。

▼逆流性食道炎克服プログラムの詳細▼



〜逆流性食道炎原因〜
食道から胃への入り口部分が老化などによって緩むことが原因です。
原因をつくるのは
 ・姿勢が前かがみの状態で猫背
 ・ストレス
 ・過飲過食、飲酒による胃酸過多
 ・食後すぐ横になる
 ・加齢による食道の機能低下
 ・食道裂孔ヘルニア
 ・妊娠、肥満、便秘による腹圧上昇
 ・喫煙
逆流性食道炎を引き起こす一般的な原因はストレスです。
しかし、ストレスを100%無くすのは不可能に近いと思います。
ストレスを無くすことより、猫背を治していくことの法が効果的です
猫背の人は、前かがみ状態なので、胃に負担が掛かかってしまうのです。
猫背を含め全ての根本原因を解消し、胃を健康的な状態に導く逆流性食道炎克服プログラムがあります。

▼逆流性食道炎克服プログラムの詳細▼



〜病院で処方される薬は〜
 ・胃酸の分泌を抑える薬
 ・胸焼けや吐き気を抑える薬
などですが薬を長期服用しても治らないのは、一時的に症状を和らげるだけで、
根本の治療にはなっていないからです。場合によっては一生薬を服用する可能性もあります。
しかし、薬には少なからず副作用があります。
薬で根本的に改善していくことは不可能に近い
ので、
根本から改善していく逆流性食道炎克服プログラムをお薦めいたします。

▼逆流性食道炎克服プログラムの詳細▼


posted by 蓮ちゃん at 19:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。